大川内山「唐臼小屋」の復旧を応援してください!

2020.05.31

お知らせ

秘窯の里・大川内山のシンボルでもあり、地元の方々や多くの観光客の方々に愛されている「唐臼小屋」ですが、近年では経年劣化により丸太が腐食しています。

また、丸太に水を供給する水路も朽ち果ててしまっており、景観を大きく損ねてしまっています。

ご支援頂いた寄附金は、腐食した丸太の取替(中央と右側の2本)や朽ち果てた水路と支柱の取替など、唐臼小屋の修復費用に活用させていただきます。

なお、ご寄附いただきますとお礼の品として伊万里焼や伊万里牛など特産品を多数ご用意しております。(注意)伊万里市民の方はお礼の品は選択できません。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い大川内山への観光客が激減していますが、収束後はさらなる美しい景観と音色により、まだ大川内山を訪れていない方々にも一度は訪れてみたいと思っていただけるような観光地として、さらには、伝統技術と歴史が根付く伊万里焼を後世に残すために、再び観光客で賑わう大川内山を取り戻すことができるよう、何卒皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

唐臼小屋とは

伊万里焼 秘窯の里・大川内山には、「唐臼小屋」という伊万里焼の原料である陶石を水の力を利用して砕く装置があり、かつて江戸時代には将軍家や諸大名に献上する格調高い作品を作製していました。当時は大川内山の河畔に多くの唐臼小屋が立ち並んでいましたが、昭和40年代に姿を消しました。そして昭和59年に往時を偲び再現され、今では鍋島藩窯公園のシンボルとなっており、当時の陶工たちの姿が目に浮かびます。

 

 

寄附の手順やプロジェクトについてのお問い合わせはこちら!

佐賀県伊万里市観光戦略課観光振興係
TEL 0955-20-9031
FAX 0955-20-9032
Mail kankou@city.imari.lg.jp

 

市役所ホームページ「ガバメントクラウドファンディングで大川内山「唐臼小屋」の復旧を応援してください!」
ふるさとチョイス「秘窯の里 大川内山のシンボル「唐臼小屋」を甦らせたい!」

 

 

「ホタルの里」にホタルを見に行ってきました

2020.05.30

コラム

緊急事態宣言も解除され、佐賀県では6月1日から一部地域を除いた県境をまたいだ移動ができるようになりました。

解除後初めてのコラムは、牧島地区の「ホタルの里」を取り上げてみたいと思います。

「木起神社」周辺を流れる「木須川」で、地元の「牧島のカズトガニとホタルを育てる会」の方がホタルを養繁殖されています。

地元の方の感謝しつつ、いきなり夜行くとあぶないと思ったので、まずは昼間に現地を確認しました。

 

ホタルの里案内板

 

昼間の「ホタルの里」

川の両側は舗装され歩けますが、一応懐中電灯は必要です。

 

夜の「ホタルの里」

だいぶ暗くなってきたので周りに注意しながら撮影しましたが、たくさんのホタルが飛び交っていました。

なかなか撮影がうまくいかず、ホタル撮影は「撮影の技術」は当然ですが「機材の性能」が求められるのを痛感しました。

写真の画質は良くありませんが、きれいなホタルはぜひとも現地でご確認ください。

皆さんも「3密」に気を付けながら、ホタルを楽しんでみてはいかがですか。

 

 

 

 

 

佐賀県ホームページ「【6月1日からのお願い】県民の皆さまへのお願い」

 

 

まるごと伊万里オリジナル「Web会議用背景画像」を作成しました。

2020.05.09

コラム

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、不要不急の外出が一部制限されています。

まるごと伊万里でもこれまで時間を見つけては、取材と称して写真や動画の撮影に行っていましたが、さすがにこの情勢で外出することも出来ず、コラム記事の作成やインスタグラムの更新を控えています。

そこでといっては何ですが、家の中であまりにも暇だったので、まるごと伊万里オリジナルの「Web会議用背景画像」を作成しました。

これまで会議といえば、直接お互いの顔を見ながらが普通でしたが、4月以降「Zoom」「Microsoft Teams」といったWeb会議ツールを使って会議を行う機会が増えてきており、それらの中には背景画像を設定出来るものもあるようです。

第1弾は、「大川内山の春夏秋冬」と称して過去に撮影した写真の中から、「1920×1080」サイズの画像を作成しました。

下の画像をクリックすると、オリジナルサイズがダウンロード出来ますので、背景画像を変更してWeb会議を楽しむと同時に、伊万里をPRしてみてはいかがでしょうか。

 

大川内山の春

 

大川内山の夏

 

大川内山の秋

 

大川内山の冬

 

 

Zoomヘルプセンター「バーチャル背景」
Microsoftサポート「Teams 会議の背景を変更する」

 

※ご利用は自由に行ってもらって構いませんが、Web会議以外での利用は常識の範囲以内でお願いします。

 

 

カテゴリー