御朱印帳に惚れ惚れ〜白山神社〜

2021.04.29

コラム

私事ですが、神社に興味を持ち始めた今日このごろ。

 

まずは伊万里の神社を巡ってみようかな〜。

あ、そしたら御朱印帳があるといいのかな。

なんて考えていたところ、

伊万里で”木の御朱印帳”を作られている神社があるという情報が。

木、気になります!

 

南波多にある”白山(はくさん)神社”。

「日本書紀」に登場する菊理媛神(ククリヒメのかみ)をお祀りしています。”ククリ”は”括る”につながり、「縁結びの神」とも言われているようです。

 

神社着くと、見事な藤が出迎えてくれました。

たおやかに揺れる藤の花に、ほっと心が緩みます。

 

 

参拝し、社務所で御朱印帳をみせていただきました。

佐賀県産のヒノキを使われていて、ほのかにヒノキの香りがします。

細部まで作り込まれた御朱印帳は、ため息がでるほど美しい。

 

佐賀市諸富町で木のおもちゃの制作されている「飛鳥工房」さんとのコラボ作品で、”菊理媛神”をイメージして作られているそうです。

神の中で最初に夫婦となったと言われれるイザナギ・イザナミの仲が悪くなってしまった時、「そっとやさしくささやき」2人の中を”ククリ”つけられたのが、菊理媛神。

 

〜デザインにはこんな意味合いが込められていました〜

*衣をまとわれた優美なククリヒメさま(表全体)

*そっとやさしくささやかれた くちもと(表横向)

*ククリヒメさまは水の神さまともいわれ 水玉の大きな一滴(表逆さま)

*白山のお山に降り注ぐククリヒメさまのあたたかさ(裏)

そして、表紙と裏表紙を合わせると、、、

縒った紐がつながり、

*いろんなことを、しっかりとククリつける

という意味合いに。

デザインに込められた想いも含めて、全てに惚れ惚れする御朱印帳。

 

宮司さんに御朱印を頂きました。

私の”人生初の御朱印帳”に、御朱印をいただく瞬間…ドキドキ…。

 

霊峰白山の印がまた良いです。

この印、月によって色が違うそうで、”藤”の花が咲く4月は”藤色”の印でした。なんて素敵!12色、集めたくなります。

 

御朱印帳に惚れ惚れしたあと、さらにまた惚れ惚れするものを見せていただきました。

社殿の天井画です。

令和時代の始まりのお祝いとして制作された25枚の天井画は、南波多中学校で、美術教師、校長をされていた栗原崇さんの作品。

菊理媛神のふるさとであり、御神体でもある白山(石川県)に植生する、珍しい高山植物が描かれていました。

中心には、白山の絵。

色鮮やかに生き生きと描かれた、四季折々の植物たちと白山。

ずっと眺めていられます…

 

 

自宅から車で15分。こんなに素敵な神社があったなんて。

「御朱印帳がみたいです!」という私の唐突なお願いにも快く対応して頂き、素晴らしい天井画までみせてくださった優しい宮司さんに、心より感謝いたします。

 

お気に入りの御朱印帳を手に、今後も神社を巡ってみようと思います。

 

投稿者:岩楯愛久美 / イロハピデザイン

Instagram : @irohapi_design

【5/9】《交通規制あり》聖火リレーが伊万里市を通過します。(4/29現在)

2021.04.29

お知らせ

3月25日(木)に福島県を出発した聖火が5月9日(日)に伊万里市を通過します。

伊万里市ではリレースタート地点である国見台陸上競技場前で、ミニセレブレーション(出発式)を開催します。

コース上は車の進入が禁止になっておりますので、一時的に周辺道路にて渋滞になることが予想されます。ご理解ご協力をお願いいたします。

 

 

★ミニセレブレーション(予定)

ウェルカムプログラム(伊万里高校吹奏楽部による演奏)16:45頃~
開式   17:15
内容(聖火トーチへの点火式、市長の歓迎のあいさつ等)

 

★聖火リレー(予定)

スタート(国見台陸上競技場前)   17:25
ゴール(伊万里市民センター前)   17:48
※当日聖火は6市町を経由してまいります。そのため、予定時刻より遅れる場合がございます。

 

お願い

・リレーを観覧される際は、必ずマスクを着用し、大きな声を出しての応援はお控えください。また、他の方との間隔を十分に確保してくださいますようお願い申し上げます。
・コース周辺でのドローンの使用はお控えください。

 

お問合わせ先

伊万里市教育委員会スポーツ課
電話番号 0955-23-3187

 

市役所ホームページ「聖火リレーが伊万里市を通過します」

 

 

カテゴリー