台風が通過した後の炭山に彼岸花を見に行ってきました。

2021.09.20

コラム

台風一過とは言えない空模様ではありましたが、二里町の炭山の棚田に「彼岸花」を見に行ってきました

私が行った日は(19日sun)台風が通過した後だったので、多くの彼岸花が倒れており、先週のうちに行っておけばと後悔しました。

時折太陽の光は射すものの、終始曇り空で絶好の撮影日和ではありませんでしたが、それでも大量の彼岸花に圧倒されました。

稲刈りはもう少し先のようですが、農作業の邪魔にならないように彼岸花を見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

【11/30締切】「いまりで、決まり!」PR動画コンテストを開催します!

2021.09.15

お知らせ

 

伊万里市では、人口が減り続け、少子高齢化が進み続ける中で、伊万里市がこの先もずっと「伊万里市」であり続けるためのシティプロモーション(伊万里の周知活動)を推進しています。

その一環として、令和3年1月1日に発表した本市のキャッチコピー「いまりで、決まり!」をより広く知っていただき、本市をPRすることを目的として、動画作品を募集します。

 

テーマ

「いまりで、決まり!」をより広く知っていただくもの

 

募集期間

令和3年9月13日(月)~11月30日(火)17時(必着)

 

最優秀賞

1作品(賞金10万円及び副賞として市の特産品1万円相当)

優秀賞

3作品程度(市の特産品1万円相当)

YouTube一般投票賞

1作品(市の特産品5千円相当)

いまりで、決まり!賞(特別賞)

3作品程度(市の特産品5千円相当)

※入賞作品は、「いまりで、決まり!PR動画」に認定し、伊万里市のPRに活用します。自治体向けの動画コンクールに推薦・出品する場合があります。

 

応募方法・作品の規格

形式

MOVまたはMP4のいずれか

時間

1分程度

画角

横型

※詳しくは、リンク先の募集要項をごらんください。

 

お問合わせ先

伊万里市情報政策課シティプロモーション推進室

所在地 / 〒848-8501 佐賀県伊万里市立花町1355番地1

電話番号 / 0955-23-4313

FAX / 0955-23-6113

E-mail / jouhou@city.imari.lg.jp

 

 

伊万里市ホームページ「「いまりで、決まり!」PR動画コンテストを開催します!」(ページ内に応募フォームあり)

 

 

 

植物の隠れた魅力発見 〜くすきの杜薬草園〜

2021.09.09

コラム

東洋医学体感施設「くすきの杜」に来ています。

くすきの杜には、漢方相談が出来る「漢方未病薬舗」、日々の健康サポートをする「鍼灸院」、薬膳料理やヨガなどが学べる「寺子屋楽」など、健康と美に関する様々な施設があります。

 

その中でも今回、「薬草園」にお邪魔してきました。

なんと100種類ほどの薬草やハーブを栽培されているとのこと!野草、野花好きの私としては、ワクワクしかありません!

 

案内してくださったのは、くすきの杜社長の平野さん。薬草園の栽培や管理も、平野ご自身でされているそうです。

暑い中、にこやかに迎えてくださいました。

 

最初に案内された畑。

「こちらが雑草畑です。」と言われて目をやると…

ほ、ほんとに雑草・・・

 

いえいえ!

ここに実は薬草が隠れているんです!

ドクダミです。実は“十薬”とも呼ばれるほど、様々な効能がある薬草。

花は白くて可愛いのですが、我が家の敷地にもどんどん生えてきて、なかなか厄介なお方。

「“畑に植えては行けない植物”と言われているドクダミを、あえて畑に植えてみました。」と平野さん。

畑の中にはイタドリも。「痛取り(いたどり)」、名前の通り痛みを取る効果があるそう。

雑草に埋もれて私には区別がつきませんが、すぐに見つけ出す平野さん、すごいです。

 

それにしても、なぜこんなに雑草だらけなのか。それにもちゃんと理由がありました。

平野さんいわく、“雑草は抜いてはいけない”らしい。様々な植物の中で生き抜いたものこそ“優秀な植物”、すなわち“優秀な薬草”なんだそう。なるほど!

とはいっても、今は実験中だそうで、今後この畑がどうなるか観察していくそうです。

畑の雑草は抜かない、目からウロコ。一つ目の畑にして、すでにとっても面白い!

 

続いて、薬草園の中でも一際目立つ大きな木。なんだと思います?

びっくり、バナナなんだそう!バナナって南国のイメージですが。

こちらのバナナは、伊万里の金吾農園さんから頂いたもので、九州の北側でも育つ種類なのだそう。

そしてバナナの根本には…

パイナップル!!

ここは南国ゾーンなんですね。驚いたのがこのパイナップル、台湾パイナップルを食べた後のヘタを植えたら、そのまま育ったというのです。

植物って強い!

そして、なんておおらかな薬草園。

 

こちらのハーブにも、植物の強さを感じました。

「これはホーリーバジル。“聖なるハーブ”とも言われていて、アーユルヴェーダにも使われているハーブです。」

言われてみると、たしかに聖なる気を感じるような…**(単純)。

香りがとても良いし、ぜひ我が家にも植えてみたい!

「これは種を植えて育てるんですか?」と聞くと、

「これね、実はハーブティーからホーリーバジルを取り出して植えたんです。」

「ええっ!!ハーブティーの状態になって、生きていたんですね!」

植物、やっぱり強い!

 

我が家に植えたくなったハーブ、もう一つこちら。

レモングラス。

とっても爽やかないい香り♪ お風呂に入れたら気持ちいだろうな〜♪

レモングラスも繁殖力がとても強いようで、活用方法を模索中とのこと。

くすきの杜の薬舗で売られている「こころととのえ茶」にもこのハーブが使われていました。爽やかな香りに安らぎ、心整います♪

 

他にも、初めて見る植物がいくつもありました。

「痛いので気をつけてくださいね。」と平野さん。

タラです。葉っぱも幹もトゲトゲ!

春の味で、天ぷらにすると美味しいタラの芽、こんな木なんですね。

 

こちらはコットン。

これがあのふわふわの綿になるんですって!

植物の姿を初めてみました。蕾がまるっこくて可愛い。

薬草園には、染め物に使う藍やクサギもありました。

昔の人はこうして植物を育て、生活に生かしていたんですね。

植物ってありがたい!

 

 

今回、ここには書ききれない程、沢山の薬草をみせていただきました。

薬草園を巡りながら、効能を教わったり、葉の香りを嗅いだり、時にはちぎって食べてみたり、植物を感じる楽しい体験でした。

我が家に大量に生えて困っていた植物(アカメガシワ)が、実は胃腸薬になることを知ったりと、多くの発見もありました。普段何気なく見ている植物にも、実はそれぞれ色んな効能があるんですね。

 

植物を、薬草や日用品として日々の生活に取りいれていた先人の知恵。現代に生きる私たちも、先人の知恵をお借りし、植物と共に生きていくことで、より豊かになるのではないかと感じました。

強くてありがたい植物の魅力、まだまだ奥深そうです。

 

***

薬草園のあとは、くすきの杜をぶらり。

薬舗で健康茶を買って、足つぼコーナーで痛みを感じ、薬草工房の自然派素材ゆずアイスバーを食べました♪ くすきの杜、楽しい♪

 

くすきの杜

◯営業時間:9:00〜19:30
◯店休日:毎月第2水曜日

◯場所
佐賀県伊万里市立花町3520-6(伊万里自動車学校跡地)

https://kusukinomori.com

 

カテゴリー